『DAICON 3・4の頃 オープニングアニメの誕生を語る』

『DAICON 3・4の頃 オープニングアニメの誕生を語る』

1981年、大阪で開催した第20回日本SF大会(DAICON3)の開会式で1本の8mmアニメーションが上映されました。これか後に伝説となるダイコンフィルムのオープニングアニメーションでした。

このDAICON3は、実行委員長の武田康廣をはじめとするアマチュア学生集団が開催し、オープニングアニメーション制作も、当時大阪芸術大学に在籍した庵野秀明、赤井孝美、山賀博之といった後にプロで活躍する面々で構成されていました。

1983年制作の『DAICON4オープニングアニメ』も含め、アマチュアがゼロから作り上げたオープニングアニメーションはそのクオリティの高さから伝説となり、未だに数多くの人々を魅了しています。

本企画では、DAICON3実行委員長の武田康廣さんを中心に、制作に関わった方々をお招きして、オープニングアニメの誕生まで逸話、苦労話、当時の夢などを熱く語っていただきます。

出演者
  • 武田 康廣(たけだ やすひろ)DAICON3実行委員長/(株)ガイナックス

    武田 康廣(たけだ やすひろ) DAICONオープニングアニメ製作から自主製作映画グループ「ダイコンフィルム」、「ゼネラルプロダクツ」(ゼネプロ)を経て、日本を代表する数々のアニメーションを製作する「株式会社ガイナックス」を設立し、取締役を務める。第20回日本SF大会(1981年DAICON3)実行委員長。(株)ガイナックス取締役・アニメーション製作本部長。京都情報大学院大学教授。日本SF作家クラブ会員。
  • 赤井孝美(あかい たかみ)イラストレーター、企画プロデューサー/(株)ガイナックス

    赤井孝美(あかい たかみ) 株式会社ガイナックス所属。第20回日本SF大会(『DAICONIII』)のオープニングアニメではキャラクターデザインを担当。イラストレーターとして活動すると同時に、原案、キャラクターデザインなどを手がけるゲームクリエーター、企画プロデューサーなど、多彩な分野で活躍。2012年には故郷のJリーグ・ガイナーレ鳥取のマスコットキャラ『強小戦士ガイナマン』のデザインを担当し、現在、監督として自主映画「ネギマン」シリーズを山陰地方を中心に製作中。また長年イラストを担当している《星界シリーズ》の最新作『星界の戦旗V:宿命の調べ』(著者:森岡浩之 ハヤカワ文庫JA)が3月22日に発売された。
  • 司会:山本浩之

    日本SF大会“超”体験版実行委員長
    日本SFファングループ連合会議事務局長

開催時間
04月28日 10:30〜11:30